BOATRACE からつ 23#

12/10開催中

開場09:00

場外発売(スタンド棟)
開場--
  • 本日の場外発売はありません
文字サイズ

なべのメモリー

からつの全レースを見ている渡辺裕介氏(なべちゃん)が、過去の好レース、珍レースを厳選してご紹介!
各節で一番見応えのあったレース(好レース)や好レースランキング、珍レースランキングなど、コメント付きで詳しくご紹介します。

渡辺裕介氏プロフィール

1節の中で一番見応えのあったレースを1レース選定したものです。

開催日 選手名 競走タイトル コメント リプレイ
NEW
2018/11/28
1日目 1R
4号艇
吉武真也
九州スポーツ杯 オープニングカードで119期の4号艇・吉武真也がまくってうれしい水神祭。100日間の休み明けだが、その間何度も当地で練習した努力が実った。2日目には2勝目を挙げ準優まで進む大ブレイク。トーク力も素晴らしい吉武の今後に期待! リプレイ
2018/11/15
3日目 12R
5号艇
田頭実
GⅢ第19回酒の聚楽太閤杯 これぞ田頭実の真骨頂。エース機の金田論が1号艇で圧倒的な人気を背負ったが、07スタートの5号艇・田頭実が直まくり。勝ちにこだわるスタイルで、この後も白星を積み重ねた。 リプレイ
2018/11/10
最終日 12R
5号艇
中澤和志
BPみやき開設9周年記念 機力は明らかに劣勢の中澤和志が、なんとか5号艇で優勝戦までこぎつけた。クランクシャフトを交換したが、やはりレース足は厳しい。それでも意地と執念で勝ち取った2着争いは、見ごたえたっぷりのナイスファイト! リプレイ
2018/10/29
4日目 6R
3号艇
小池礼乃
日本モーターボート選手会会長杯 今シリーズはA2勝負がけで挑んだ小池礼乃だが、2日目に転覆。絶体絶命のピンチだったが、3日目から気迫のレースを連発した。このレースも1つでも前の着順をと、先頭まで迫る好レース。最終日は見事勝負がけに成功した。 リプレイ
2018/10/17
2日目 9R
5号艇
金子良昭
住信SBIネット銀行賞 1マークで展開を捉えた金子良昭と別府昌樹による長時間のマッチレース。最終ターンマークまでみっちり競り合った。しのいだ金子はもちろんだが、別府の勝利への執念も凄いものであった。 リプレイ
2018/10/07
3日目 2R
6号艇
鈴谷一平
オータムモーニングバトル~私のイケメン選手権~ 内側3選手が圧倒的な人気を集めたカードだったが、2、3コースが遅れて展開が大きくもつれた。6コースから最後にまくり差した鈴谷一平が突き抜けて、3連単は120番人気。払戻金は362,300円の超高配当が飛び出した。 リプレイ
2018/09/28
3日目 11R
2号艇
今井美亜
第9回虹の松原カップ 混合戦でも強さを見せる今井美亜。シリーズを通して機力には苦しんだが、何度も見せ場を作った。このレースも機力上位の大峯豊を2マークで思い切りツケマイ。惜しくも2着ではあったが、その乗りっぷりは素晴らしかった。 リプレイ
2018/09/10
2日目 5R
3号艇
上野真之介
ルーキーシリーズ第16戦 スカパー!・第17回JLC杯 絶好調で地元のルーキーシリーズに参戦した上野真之介。好調そのままにこのカードも2マークの鋭い差しで3艇をごぼう抜き。勢いはその後も衰えず、地元2度目の優勝を飾った。 リプレイ
2018/09/05
最終日 12R
2号艇
吉田一郎
スポーツ報知杯 シリーズ10走中8回がインコース。素晴らしいピット離れを見せ続けた吉田一郎が、優勝戦でもスーパーピット離れでインを取って逃走。舟足は決して目立たずとも強力な武器を活かして唐津7Vを決めた。 リプレイ
2018/08/18
1日目 5R
4号艇
田川大貴
BP三日月開設22周年記念 7月に戸田で初めて優出し、「自信を持ってレースをしている」と田川大貴。乗りっぷりの良さで道中見事に逆転した。勢いづいた田川はこのシリーズで2度目の優出。まだまだ20歳と若く、ダッシュ専門。この先さらに飛躍しそうだ。 リプレイ
2018/08/08
5日目 5R
6号艇
小野勇作
佐賀新聞社杯唐津大賞~がばい王者決定戦~ 乗り心地がきているときの小野勇作はやっぱりすごい。追い風7メートルも問題にせず、2周1マークで鮮やかなスピード戦。2艇まとめて抜き去り、“がばい”配当を提供した。 リプレイ
2018/07/21
3日目 9R
5号艇
萩原秀人
オラレ呼子開設12周年記念 節間9連勝で自身初の完全Vを達成した萩原秀人。3日目に見せた強烈なまくり差しがシリーズのハイライトだ。本人は「たまたま」と謙遜したが、まさにSG級の技とスピードだった。 リプレイ
2018/07/09
2日目 10R
2号艇
榮田将彦
日刊スポーツ杯 2周1マークで1号艇の高橋英之と3号艇の青木玄太が激しくやり合う。勝ちへの執念がぶつかった熱い三つ巴バトルは、冷静に間隙を突いた2号艇・榮田将彦に軍配が上がった。 リプレイ
2018/06/27
2日目 4R
4号艇
小野勇作
サッポロビールカップ 4コースから狭いところを強烈なスピードでまくり差した小野勇作。普段から道中の握りマイが魅力的な小野。ここではそのスピードとハンドルワークを存分に見せつけた。 リプレイ
2018/06/20
5日目 9R
1号艇
小芦るり華
桃咲まゆカップ~ほぼ女子戦~ 近況はスローからの進入も始めた小芦るり華。ここは選手になって初めてのインコースだったが、しっかりといいスタートを決めて逃げ切った。緊張はしなかったようで、その強心臓振りに今後の期待も高まる。 リプレイ
2018/06/11
3日目 8R
5号艇
深川真二
第6回見帰りの滝あじさいカップ 前づけでインを取った5号艇の深川真二だが、カドから飛び出してきた選手にまくられる苦しい展開。しかし、絶妙な小回りで残して見事1着をゲット。このあとも安定感のある走りを続け、90日の休み明け2節目で優勝を果たした。 リプレイ
2018/06/03
3日目 12R
1号艇
守田俊介
BOAT Boy CUP シリーズの2枚看板、守田俊介と田中信一郎が準優勝戦で直接対決。差した2号艇の田中を、2マーク強烈な差しで抜き返した1号艇の守田。見応えのあるハイレベルな接戦だった。 リプレイ
2018/05/28
4日目 10R
6号艇
織田猛
ミニット開設14周年記念 予選16位で準優に進んだ6号艇の織田猛は果敢な前づけ。1マークは差して残し、再三後ろから追い上げられるも何とか踏ん張った。地元での優出は譲れない意地が見えたレースだ。 リプレイ
2018/05/14
4日目 5R
3号艇
寺田千恵
GⅢオールレディース RKBラジオ杯 110日の負傷休養から復帰した、1号艇の高橋悠花が逃げ独走に持ち込んだが、同支部の実力者3号艇・寺田千恵が執念の追い上げ。徐々に近づいて3周目でついに大逆転。さすがの走りを見せた。 リプレイ
2018/05/06
最終日 12R
3号艇
三井所尊春
日本財団会長杯ゴールデンウイーク特選 3カドからスタートブチ込み宣言が出ていた三井所尊春が、宣言通りの一撃だ。近況調子の悪かった31号機をさすがの調整力で立て直し、コンマ09の快ショットで内の師弟ひと飲み。ゴール前は手を挙げて声援に応えた。 リプレイ
2018/04/24
2日目 9R
5号艇
岡村慶太
第8回領巾振山つつじカップ パワーは目立たずとも、毎日素晴らしい追い上げを見せた岡村慶太。「3周すべてのコーナーで勝負」と機力よりも気力で勝負した一節間。執念の追い上げで白星を手に入れたこのレースが、シリーズのハイライトだ。 リプレイ
2018/04/15
5日目 7R
6号艇
入海馨
スプリングモーニングバトル シリーズの台風の目となった入海馨。このレースは5番手からの強烈な追い上げで2着に入った。確かに機力も上位ではあったが、旋回力も素晴らしくスピード満点。現在はダッシュ主体のレースで修業中。今後が楽しみな存在だ。 リプレイ
2018/04/08
最終日 2R
6号艇
羽野直也
GⅠ全日本王者決定戦 開設65周年記念 今シリーズ、観客からの声援の多さはNo.1。大注目の羽野直也がそのセンスを見せつける見事なまくり差し。序盤は機力不足に苦しんだが、終盤は大声援に応える圧巻の4連勝締めだった。 リプレイ