BOATRACE からつ

05/21開催中

開場08:15

MENU

レース展望

一般

唐津ミニット開設20周年記念

5 /
17
18
19
20
21

優勝戦は舟足でリードする石田章央VS常住蓮の内枠対決 豊田泰洋は11年ぶり2度目のファイナル進出

「唐津ミニット開設20周年記念」の4日目はベスト18で準優勝戦が行われた。10Rは橋本年光が2コース差しを決め、11Rの常住蓮は逃げ快勝。12Rは石塚久也がまくり差しから先頭を航走していたが石田章央が2周1マークの差しからバックで石塚を捕らえて大逆転。優勝戦の1号艇はシリーズリーダーの石田が手に入れた。11Rで2着の豊田泰洋は、初優出、初優勝を飾った2013年1月18日の宮島新鋭リーグ以来、11年ぶり2度目のファイナル進出。女子は高憧四季、滝川真由子、川井萌が予選をクリアしていたが、優勝戦には進出できなかった。ファイナルは、インに構える石田は「最近にないターン足の良さ」でV最短だが、2号艇で2コース見込める常住は「初優勝した時より今回のエンジンの方がいい」で、特にバックの足に自信を持っている。追い風予報でもあり、からつフレッシュルーキーが通算2度目のVを飾る可能性は決して低くはない。一撃候補は橋本で、GW戦で峰竜太が仕上げた27号機を乗り継いでいるが「ペラが本当にきれい。思っているより前に進んでいる。さすが峰君」。押し感に手応え十分だ。

12Rの出走メンバー

3811石田  章央(静 岡)
5142常住   蓮(佐 賀)
3745橋本  年光(兵 庫)
4144石塚  久也(埼 玉)
4437中田  元泰(香 川)
4429豊田  泰洋(広 島)
出走表・前日予想PDF

CLOSE