BOATRACE からつ 23#

01/29開催中

開場08:15

場外発売(スタンド棟)
開場08:15
文字サイズ

なべのメモリー

からつの全レースを見ている渡辺裕介氏(なべちゃん)が、過去の好レース、珍レースを厳選してご紹介!
各節で一番見応えのあったレース(好レース)や好レースランキング、珍レースランキングなど、コメント付きで詳しくご紹介します。

渡辺裕介氏プロフィール

1節の中で一番見応えのあったレースを1レース選定したものです。

開催日 選手名 競走タイトル コメント リプレイ
NEW
2022/01/22
3日目 9R
6号艇
安河内将
スポーツ報知杯 前日にFを切ってしまいF2、そして事故率もパンパンになってしまった安河内将。無理はできない状況下でも決してあきらめない走り。ここもきれいなまくり差しで抜け出して高配当を提供した。 リプレイ
2022/01/16
5日目 1R
3号艇
田頭虎親
富士通フロンテック杯 事故率が高い状況での走りとなっている田頭虎親だが、そんなことはなんのその。初戦から5コースまくりを決めるなどシリーズを盛り上げた。なかでも、このレースは圧巻の逆転劇。2周1マークは握ると見せてフェイント差し。 リプレイ
2022/01/03
4日目 3R
3号艇
峰竜太
第62回佐賀県選手権 前日に転覆して予選突破ができなかった峰竜太。しかし、ここは汚名を返上する好レースを披露。弟子の山田康二の懐にまくり差し一閃。山田の猛追も見ごたえのあるレースを演出した。 リプレイ
2021/12/23
4日目 10R
3号艇
滝川真由子
ヴィーナスシリーズ第17戦 XmasのキセキSP 2015年のレディースチャンピオン覇者・滝川真由子のすさまじい追い上げ。1マークをまわって3番手だったが、2番手に上がり、3周目でついに先頭をとらえて大逆転勝利を挙げた。 リプレイ
2021/12/10
2日目 10R
6号艇
石田豪
GⅢ第22回酒の聚楽太閤杯 4節連続優出中でうち3回Vという41号機を手にした石田豪。初日はまくって行くものの1着は取れず。しかし、2日目の6コース戦で本領発揮。伸びを活かすコンマ03の鋭発から6コースまくりを決めた。 リプレイ
2021/11/28
2日目 4R
5号艇
西岡顕心
ボートレースからつリニューアル記念競走 デビュー2節目の新人・西岡顕心が見事な追い上げ。格上選手を抜き去る走りは、わずか2節目とは思えないポテンシャルを感じた。このあと惜しくもフライングに散ったが、香川初の養成所チャンプに今後も熱視線。 リプレイ
2021/10/24
4日目 6R
4号艇
山下流心
ルーキーシリーズ第18戦 スカパー!・JLC杯 1マークをまわって4番手の山下流心。周回ごとに前を追い詰めて最後は2着になる執念の追い上げ。今シリーズはA2勝負がけでもあり、気迫のレースを続けてオール3連対で優出した。 リプレイ
2021/10/08
3日目 1R
5号艇
植田太一
BTSみやき開設12周年記念 前走地で優出して好調の植田太一。ここは1号艇のシードを撃破する完璧なまくり差し。好モーターを相棒に豪快なハンドルさばきを何度も見せたシリーズだった。 リプレイ
2021/09/29
最終日 11R
6号艇
寺田祥
日刊スポーツ杯 初日の転覆で減点を受けた寺田祥。事故率も高く、90走確保のために出走回数も必要な厳しい状況のなか、転覆以外はオール2連対の素晴らしい走り。最後もまさにSG級のまくり差しを見せた。 リプレイ
2021/09/20
5日目 1R
3号艇
宮野仁
第12回虹の松原カップ 朝1戦から目の覚めるような大接戦。3艇による1着争いが繰り広げられ、1周2マークも2周2マークも冷静に展開をついた宮野仁に軍配が上がった。 リプレイ
2021/09/10
5日目 2R
4号艇
石原光
第4回住信SBIネット銀行賞 展開を突いたまくり差しを決めた石原光。ターンの後期でウイリーを見せてぐっと出て行った。124期の新人でまだまだ発展途上だが、きらりと光る旋回。後半は逃げを決めて連勝を挙げた。 リプレイ
2021/08/21
初日 9R
6号艇
片橋幸貴
第7回ライブキャッチ杯 桂林寛が6コースから豪快なまくり。見てほしいのは、まくられた後の6号艇・片橋幸貴。接触もあって厳しい態勢になったが、そこから変わり全速で2着へ。2マークも豪快なターンで先頭を狙った。 リプレイ
2021/08/08
2日目 4R
5号艇
峰竜太
唐津大賞がばい王者決定戦 峰竜太の1周1マークの旋回に注目。よく見ると1号艇と3号艇のごくわずかな隙間を縫うようなまくり差し。結果は3着ながらグランプリ級のターンで魅せた。 リプレイ
2021/07/29
初日 4R
2号艇
山田佑樹
BTS三日月開設25周年記念 2節連続優勝中の抜群機をゲットした山田佑樹。そのモーターを相棒に初戦から魅せた。先頭艇にみるみる追いつき大逆転勝利。この後も力強い動きで舟券絡みを続けた。 リプレイ
2021/07/21
2日目 10R
3号艇
荒井輝年
サマーモーニングバトル バックストレッチで5艇が横一線になる大接戦。3号艇の荒井輝年が2マーク豪快なターンで抜け出したかと思われたが、2周1マークも接戦に。ここはしっかり差した荒井に軍配が上がった。 リプレイ
2021/07/15
2日目 11R
6号艇
川原正明
第6回楽天銀行杯 6コースからのまくり差しをきれいに決めた川原正明。5艇横一線からの突き抜けは見ごたえたっぷり。機力も味方につけて快調な走りを見せた。 リプレイ
2021/07/09
5日目 8R
3号艇
寺田祥
西日本スポーツ杯 絶体絶命のスリット隊形から絶妙な小回りを見せた寺田祥。スタートは遅れてしまったが、そこからの挽回はさすがSGウイナー。華麗な技を見せた。 リプレイ
2021/06/29
4日目 9R
5号艇
妻鳥晋也
スポーツニッポン杯 前日も6コースからまくって勝利した妻鳥晋也。ここは6コースから最内差しで白星を挙げた。これで当地の6コース戦はなんと4連勝。次回からつに登場すれば大外戦に大注目だ。 リプレイ
2021/06/18
4日目 8R
3号艇
前田将太
第8回見帰りの滝あじさいカップ 前田将太の真骨頂「まくり差し」が決まった。G1初Vを挙げて乗り込んできた当地でも大活躍。ここも狭いところをきれいにまくり差して抜け出し、さすがのさばきを見せた。 リプレイ
2021/06/07
5日目 8R
6号艇
柴田愛梨
桃咲まゆ杯~ほぼ女子戦~ デビュー201走目でうれしい初勝利を挙げたのは群馬の125期柴田愛梨。6コースから展開をうまく突いて抜け出した。大勢の選手が参加しての水神祭では笑顔がはじけた。 リプレイ
2021/05/30
4日目 10R
4号艇
山崎鉄平
マンスリーBOATRACE杯 今シリーズは中外枠の希望を出して、3コースから外のコースで戦いを挑んだ山崎鉄平。この日の前半レースも5コースからまくり差し。この準優勝戦の5コースからまくり差しを決めて、見事地元2回目の優出を果たした。 リプレイ
2021/05/19
5日目 10R
2号艇
浜先真範
創刊55周年記念 九州スポーツ杯 優出をかけた3艇によるバトル。かなり熾烈な争いとなったが、抜け出したのは浜先真範。2着にはうまくさばいた松崎祐太郎が入り、この2人が優出切符を手にした。 リプレイ
2021/05/07
2日目 11R
5号艇
丸野一樹
唐津ミニット開設17周年記念 今シリーズの金看板・丸野一樹。ここはスタートで遅れてしまい、厳しいレースとなったが、みるみる追い上げて先頭に迫る2着でゴール。あきらめないレースが丸野の魅力のひとつだ。 リプレイ
2021/05/02
5日目 11R
2号艇
末永和也
日本財団会長杯 ゴールデンウイーク特選 好モーターをゲットした末永和也は、しっかりと力を引き出して準優勝戦へ。ここは進入がもつれて4コースを選択し、コンマ01のスタートを決め一気のまくりで地元初優出。このあと12レースでは師匠の上野真之介も勝って師弟で優出を果たした。 リプレイ
2021/04/25
最終日 12R
3号艇
菅章哉
第11回領巾振山つつじカップ 追い風9メートルという条件下でも、節間初めてのチルトMAXを選択した菅章哉。コンマ04のトップスタートを決めて茅原悠紀の猛追を振り切った。その勝負強さはピカイチだ。 リプレイ
2021/04/14
初日 8R
4号艇
原田篤志
スプリングモーニングバトル 一旦はまくられて厳しい体勢になった原田篤志。しかし、そこからグングンと追い上げて、2周1マークで渾身の差しハンドル。これが届いて大逆転勝利となった。 リプレイ
2021/04/11
5日目 5R
1号艇
新良一規
日本モーターボート選手会会長杯 新良一規が魅せた熱い先頭争い。2周1マークで室田泰史のまくりをうまくブロックした新良に軍配。大ベテランとは思えぬスピード感ある走りで大接戦を制した。 リプレイ
2021/04/02
2日目 10R
5号艇
宗行治哉
トータリゼータエンジニアリング杯 A2の勝負がけで挑む宗行治哉の強力な追い上げ。モンキーも豪快で迫力あり。1マークをまわって4番手の位置から実力者を2人交わす逆転劇だった。 リプレイ