BOATRACE からつ 23#

09/26開催中

開場08:15

場外発売(スタンド棟)
開場08:15
  • 徳山GⅠ
文字サイズ

なべのメモリー

からつの全レースを見ている渡辺裕介氏(なべちゃん)が、過去の好レース、珍レースを厳選してご紹介!
各節で一番見応えのあったレース(好レース)や好レースランキング、珍レースランキングなど、コメント付きで詳しくご紹介します。

渡辺裕介氏プロフィール

1節の中で一番見応えのあったレースを1レース選定したものです。

開催日 選手名 競走タイトル コメント リプレイ
NEW
2020/09/12
4日目 10R
1号艇
宮地元輝
スポーツ報知杯 この時点でインコースは15連勝だった宮地元輝。まったくカベがない絶体絶命のピンチだったが、ここも踏ん張ってイン16連勝。このあと準優、優勝戦もインから勝って連勝を伸ばした。 リプレイ
2020/09/03
4日目 11R
6号艇
室田泰史
日本モーターボート選手会会長杯 準優勝戦を6コースから鮮やかにまくり差したのは室田泰史。5コースからの攻めに乗って一気に突き抜けた。予選17位突破からの優出で、3連単は10万円オーバーのビック配当となった。 リプレイ
2020/08/21
2日目 5R
4号艇
上瀧和則
か・らっキーバトル2nd 上瀧和則が地元で久々の勝利。6年ぶりの地元戦は2走目でインを奪取して一気の押し切り。このシリーズ惜しくも予選突破はならなかったが、進入から見せ場を作った。 リプレイ
2020/08/13
3日目 10R
5号艇
三井所尊春
お盆特選~がばい王者決定戦~ 6コースから一撃まくりを放った三井所尊春と、まくられながらも華麗にまくり差した山田康二とのマッチレース。伸びで勝る三井所がケリを付けたが、山田の執念も見事だった。 リプレイ
2020/08/04
最終日 11R
1号艇
久富政弘
トータリゼータエンジニアリング杯 展示ではインを主張した久富政弘だが、本番ではインを奪われてしまった。しかし、ここは強気の攻めで2コースまくり一撃。ダッシュの乗ったスタートで一気に決着をつけた。 リプレイ
2020/07/23
2日目 5R
6号艇
森岡満郎
サマーモーニングバトル なかなかお目にかかれない6コースまくり差し。展示から抜群の気配だった森岡満郎が、華麗なハンドルワークで魅せた。 リプレイ
2020/07/18
5日目 10R
1号艇
小坂宗司
第3回住信SBIネット銀行賞 小坂宗司が勝負どころで気迫のイン逃げ。コース取りからかなりシビアになったが、スタートはコンマ03。追い風もしっかり吹いていたが、ばっちり逃げ切り。興津藍の猛追もしのいで優出を果たした。 リプレイ
2020/07/10
5日目 8R
1号艇
中尾智博
第8回サッポロビールカップ 2節連続の佐賀支部水神祭!121期の中尾智博がインから逃げ切って初勝利だ。デビュー334走と時間はかかったが、ここから一気の飛躍に期待。これで、121期は全選手がデビュー初1着を挙げている。 リプレイ
2020/06/28
3日目 1R
5号艇
定松勇樹
マンスリーBOATRACE杯 佐賀支部期待の星、定松勇樹がお待たせのデビュー初勝利!ワースト機を底上げしてしっかり展開を突いた。デビュー期は事故率の高さに苦しんだだけに、喜びもひとしお。この勝利を機に一気に羽ばたく。 リプレイ
2020/05/21
2日目 3R
3号艇
石丸海渡
か・らっキーバトル 石丸海渡はスタートを決め、シリーズを通して活躍。なかでも、このレースはベストファイト。やや強めの風が吹くなか執念の追い上げ。外マイ外マイの連続で、ついに2周2マークで逆転した。 リプレイ
2020/05/14
2日目 10R
3号艇
小野勇作
唐津ミニット開設16周年記念 7月からはA1昇級を決めている小野勇作。小野といえばスピード旋回が魅力だが、このレースは1マークも2マークも強烈に握って「抜き」で勝利。エース機の4号艇に真っ向勝負で見事な逆転勝利。 リプレイ
2020/05/05
3日目 6R
1号艇
抹香雄三
第10回領巾振山つつじカップ 実力者の2号艇・山下和彦が抜け出したが、1号艇の抹香雄三があきらめない走り。必死に追いかけて、2周1マークでついに追いついて逆転勝利。執念の逆転劇だった。 リプレイ
2020/04/30
最終日 12R
1号艇
峰竜太
日本財団会長杯ゴールデンウイーク特選 予選から圧倒的な強さをみせた峰竜太が地元初、生涯2度目の完全優勝。とにかく圧巻の走りで他を寄せ付けなかった。これで、地元では19連勝まで伸ばしており、この記録がどこまで続くかも注目だ。 リプレイ
2020/04/21
最終日 12R
4号艇
馬場剛
ルーキーシリーズ第9戦スカパー!・第19回JLC杯 節一パワーの安河内健が本番はまさかの2コースカド!それだけでもびっくりだが、レースも馬場剛が大逆転のV。いろいろあったルーキーシリーズは最後まで想像の上を行く結果となった。 リプレイ
2020/04/06
最終日 1R
5号艇
橋谷田佳織
GⅢオールレディース スタートで大きく遅れた5号艇の橋谷田佳織だが、もつれる1マークを必殺の小回りで切り抜けて2着。今シリーズもクルクル小回り戦法で2、3着争いを盛り上げていた。 リプレイ